動画ストリーミングサイトの歴史

このコラムをシェアする

歌詞や音ハメ系

歌詞ハメ系は、音楽の歌詞の意味に合わせて撮られている動画ですので、面白い動画が多いです。
歌詞ハメ系を細かく分類すると「口パク」や「イラスト」「画面スライド」「セリフハメ」などがあります。
音ハメ系は、歌詞がない曲などに合わせて撮られた動画です。
音ハメ系を細かく分類すると「動画マジック」「踊ってみた」「ストリートダンス」「シャッフルダンス」「シュールダンス」「顔芸」「顔認識ARハック」「子供」「動物」など様々な分類に分ける事ができます。
TikTokで投稿されている動画の中で、一番投稿数が多いのが、音ハメ系です。
TikTok初心者の方で、初めて動画を投稿する際は、音ハメ系の動画から投稿すると投稿しやすいかと思います。

フリオチ系やその他

フリオチ系は、音楽の前半と後半で、曲調が異なり、「曲の前半部分をフリ」として、「曲の後半部分をオチ」として動画を作っています。
「フリ」や「オチ」に合わせて動きをつける事で動画の面白さがさらに増します。
フリオチ系を細かく分類すると「化粧」「シュール」「団体芸」「イラスト」「変顔」です。
それ以外にも、どの動画の種類にも分類されない人気YouTuberなどがあります。
動画の種類をしっかりと覚えて、どの動画の種類で投稿しようか迷った際には、参考にしてみてくださいね。
TikTokに動画を投稿しない方も、動画の種類を知っておくと、よりTikTokを楽しめるかと思いますので、覚えておくことをおすすめします。